2018年11月 6日 (火)

11月の歌

みづ草をついばむみづ鳥 嘴は小春日和のおひさまのいろ

・・・・・・・・・・・

この数日、温かい日が続く。
空は青空、快晴、陽ざしも強い。
これを小春日和と呼ぶのだろう。

わたしは犬を連れて毎朝、決まった時間に散歩するが、そのルートには、川沿いに続く土手の道があり、ここで出会う生き物たちを眺めるのが楽しみのひとつだ。
鯉、番のかいつぶり、青鷺らに加え、最近、鴨が加わった。
まだ体の小さな小鴨である。
かいつぶりはとても臆病で、少しでも人間の気配がすると水面に潜って、なかなか姿を見せてくれないが、小鴨はわたしの姿が見えても平然と泳ぎ、体に似合わぬ大きな嘴で水草を啄ばんでいる。嘴の色は、オレンジがかった黄色で、さながら、小春日和のおひさまを思わせるのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

十月の歌

魚屋にならぶ金目鯛(きんめ)のすきとほるまなこの太し十月に入る/整子

金目鯛を煮たのが食べたいという連れ合いのために、魚屋に立ち寄った。魚だけを扱う、いわゆる魚屋さんがなんと少なくなったことか。以前はこの町にも魚屋さんが数件あったのに、スーパーが増えたせいか、こぞって店じまいをして、隣町まで出かけないと専門店がない。
アーケードの下、店先の氷が敷かれたショーケースに大きな金目鯛が二尾。大きなまなこを見開いて、秋空をにらんでいた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

金色の鯉が戻ってきた。

早朝の農作業や出荷作業がないかぎり、わたしの朝は犬の散歩からスタートする。地域の小学生が登校する時間帯に合わせ、こどもたちの見守りを兼ね散歩する、いわゆる「わんわんパトロール」である。
ここ数年続けているから、地域のこどもたちとひこまるはすっかり仲良しで、リードを引いてくれる子も少なくない。

わんわんパトロールは、わたしの朝の楽しみのひとつだが、もうひとつのひそかな楽しみは、この町を東西に大きく流れる広川に棲む鯉たちを見ることだ。川岸から大きく垂れ下がった樹木が影をつくる場所は鯉たちの住処になっていて、目視できるだけでも4,50匹はくだらない。
散歩仲間のおじさんやおばさんの言葉を借りれば、「うじゃうじゃするごとおるけん、百匹以上は住んどる」らしい。ほとんどが黒の鯉だが、体が白っぽい鯉が3匹と、金色のものが1匹いて、特にこのこんじきの鯉はわたしのお気に入りだった。
広川に棲む金色の鯉。
だから、きんちゃん。
すごい短絡的なんだけど、わたしたちはきんちゃんと呼んでいた。

毎朝、朝礼でもやってるかのように木陰に集まる鯉たちを眺めるのが日課だったが、先日の豪雨で、オーバーフロー寸前だった広川から鯉たちがすっかり姿を消してしまっていた。
ようやく濁りが取れて、以前のようなおだやかな流れを取り戻した頃から、5,6匹戻り、また5,6匹戻り、昨日は20匹ほどの鯉を確認できたが、色のついた鯉の姿はなく、散歩仲間からも案じる声が聞こえた。
「きんちゃんたち、戻ってこんねえ。死んだんかねえ」

ところが、今朝、ラジオ体操から帰る地域のこどもたちと別れ、川を見に来たら、川岸におばちゃん仲間がたむろしている。
「きんちゃんが戻ってきたよ」と喜んでいる。
大雨から三週間、ようやく、きんちゃんが戻ってきてくれた。

きんちゃん、ありがとう。
また、あした会いにくるね。

他の鯉たちが早く戻ってくれますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

平成30年7月豪雨、死者158人に

西日本を襲った豪雨によって亡くなられた方が158人にも上ったと、今朝の新聞が報じている。安否不明者が56人おられ、大惨事となった。
亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りするとともに、被害にあわれた多くの方々へ謹んでお見舞いを申し上げたい。

ボランティアセンターでの情報によると、被災地の状況が落ち着いていなくて、災害ボランティアの受け入れどころではない市町村が多いのだという。救援物資の受け入れも滞っており、避難を余儀なくされている被災者のみなさんがどう過ごされているのかと案じるばかりだ。

筑後地方、今日も猛暑だ。
朝から陽射しが強い。
日に日に流入した土砂が硬くなっていくであろうことは容易に想像がつく。
避難所は暑かろう。
身体を冷やそうにも水もない。

被災地へ一日も早く、救援物資が届きますように。
人の手が届きますように。
願うことしかできない自分がもどかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

一年前も雨だった。

朝倉市を中心に大きな被害を出した九州北部集中豪雨からちょうど一年。一年前の今日も雨だった。

四年前から通っている刺し子教室は、朝倉市在住の先生の自宅で行われていて、ちょうどこの日が教室日だった。朝から降りやまない雨はお昼近くになってますます激しさを増した。
朝倉まで一時間程度の時間がかかる。
そのうえ、筑後川添いの道路を通らねばならない。

「こわいくらい雨が降るから、今日は刺し子教室に行くのをやめよう」と言い出したのは、運転手のわたしだった。
無理をして行っていたら、きっとわたしたちも被害にあっていただろう。先生の自宅は床下浸水で済んだが、川が氾濫して交差点は早々と通行困難となったのだと後日、先生から聞かされた。

一年たった今日、各地で追悼式が営まれた。いまだ手付かずの被災箇所も多いと聞くが、少しずつ、少しずつ復興は進むのだと信じたい。

 今日の一首。
  復興は遅々として進まぬゆゑせめてあの日のことを忘れずにゐよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

入学式の朝

今日は町中の小学校の入学式。
広島のさくたろーも、入学式。
おめでとう、せんりとさくたろー。

桜の花は散ってしまったけれど、とみこさんちのやえざくらも、うこんざくらも、あめりかみずきも、としひこさんちのまっかなときわまんさくも、よしこさんちのしばざくらも、はなざかり。


Dsc_0189


入学式の朝、
たくさんのはなたちが高らかにお祝いの声をあげてくれた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

今日から、四月。

さて、今日から四月。

四国旅行から帰って来てから、二週間、ぶっつづけで農作業にいそしんだ。
薹がたってしまった冬菜たちを刈り取り、耕し(てもらい)、サトイモの植え付けをし、高菜を漬け込み、唐辛子やサラダほうれん草やいんげんの種を播き、ようやく六日間の遅れを取り戻した。
合間に地域のサロン活動をやり、声かけサポーターの活動報告書を打ち、社会福祉協議会の理事会にも出席し、短歌結社の寄稿文を仕上げ、ああ、やっと一息つけそう・・・・。と思ったら、夕方には、役員総会の賄い方のお役目がはいった。

今年度も健康に気ままに暮らせますように。
お朔日の榊を取り換えながら、氏神さんにお願いをした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

さくら、ほころぶ。その後。

古墳公園のさくらが咲いた日、お隣のはつんちゃんから三色ぼたもちをいただいた。
あんこをまぶしたの、きなこまぶしたの、あおのりまぶしたの。の三色。あんこから手作りしたっていう極上のぼたもち。

「きょうはうちのおばあちゃんの一周忌だったので、ぼたもちをつくったの」という言葉とともに。
はつんちゃんは隣の叔母んちのお嫁ちゃん。
うーん、いい嫁じゃ。

十日ほど前、はつんちゃんちの飼い犬、正確に言うと生前の叔母がかわいがっていた飼い犬「レン」が死んだ。急に具合が悪くなって、二日目にあっというまに死んでしまった。11歳半だった。

散歩の途中で、いつもレンを思い出す。
叔母の一周忌に合わせたように旅だったレン。
きっと、おばちゃんが呼びにきたんだろうなあ。
わたしがそう言うと、はつんちゃんがさみしそうにうなづいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら。ほころびる。

古墳公園のさくらが咲き始めた。
一部咲きってところかな?
今日はお天気も上々。
お花見にはもってこいのお日和だ。

午前中は保育園の卒園式。
午後からは地区の役員改選を伴う総会。

孫6号のせんちゃんも卒園した。
広島在住の同い年の孫5号さくたろーも卒園式だったけれど、親子でインフルエンザにかかったそうで、やむなく欠席だったそうな。

さくたろーもせんりも、もうすぐ一年生。
元気で入学式に出席できますように。

さくらがほころぶ季節。
えがおもほころぶ。
おめでとう。

 今日の一首。
  きのふまで咲いてなかつた枝先の
       さくらほころぶふくつとほころぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

四国一周の旅

「どうせ高知まで行くのなら、俺も一緒に行こうかな?」

発端は連れ合いがぽつりともらした言葉でした。

香美市での短歌大会を終えて、翌日、短歌仲間と別れて、わたしたちはまず四万十川を目指しました。
四万十から、足摺岬、宿毛市、室戸岬、鳴門市、琴平町、金比羅さん、今治タオル美術館、道後温泉、八幡浜市。
だいたいぐるっと四国を一周いたしました。

Dsc_0046


Dsc_0084


最初の二晩のみホテルに宿泊し、あとの三晩は古い愛車、八人乗りのセレナに車中泊しました。東北旅行のときと同じように、温泉施設のある道の駅にお世話になりました。
友人から車中泊できる場所を教えてとメールがあったので、記録もかねてここに書き足します。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E6%96%BD%E8%A8%AD%E3%81%8C%E4%BD%B5%E8%A8%AD%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85%E4%B8%80%E8%A6%A7#四国地方

徳島県境の道の駅、宍喰温泉は建物は古いですが、お湯の質が良くて、23時まで大部屋を利用できます。

香川県香南町の「香南楽湯」は施設がとても新しくてきれい。
ここも23時まで営業。
隣接したレストランは安くておいしい。
量も多くて、チープシック。
ただ、外のトイレが改修中で四月までは車中泊はお勧めしません。

最後は愛媛県双見海岸のシーサイド公園。
ここが今回の旅でいちばん印象に残る場所となりました。
ゆうやけこやけロードと呼ばれる国道の側にあって、たぶん、夏場は海水浴やキャンプ客で混雑するであろうと思われます。
温泉施設はありませんが、道後温泉でひと風呂浴びて、ここまで一時間かけて移動いたしました。

ここから眺めた落日、夕日の美しさは一生忘れないだろうと思います。
お天気にも恵まれました。
温かく、風もない夕刻、ビニールシートを一枚敷いただけの海岸壁に、イオンセンターから買ってきたサラダやチーズを並べ、白ワインと焼酎で最後の宴をやりました。
酔っぱらったって、目と鼻の先に「愛車ホテル」があるのですから、こんなに安心なことはありません。笑

Dsc_0128

Dsc_0112


Dsc_0146


Dsc_0132


この他のおすすめ車中泊は、愛媛ならマイントピア別子、小松オアシス、今治湯浦温泉などの道の駅でしょうか。
フェリー乗り場がある八幡島の道の駅「みなっと」もおすすめです。
午前八時からカフェもオープンします。

家族の協力と理解があって、実現した旅でした。
にわとりの餌やりを請け負ってくれたそういちろーくん、ありがとう。
ひこまるの散歩をやってくれた息子嫁やひなちんにも、感謝。
高知での短歌仲間との祝賀会のさなか、一人取り残される連れ合いのために広島から高知入りしていっしょに楽しんでくれた次女一家、とくに、娘婿のたけちゃんに深く感謝します。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧