« 2018年10月 | トップページ

2018年11月 6日 (火)

11月の歌

みづ草をついばむみづ鳥 嘴は小春日和のおひさまのいろ

・・・・・・・・・・・

この数日、温かい日が続く。
空は青空、快晴、陽ざしも強い。
これを小春日和と呼ぶのだろう。

わたしは犬を連れて毎朝、決まった時間に散歩するが、そのルートには、川沿いに続く土手の道があり、ここで出会う生き物たちを眺めるのが楽しみのひとつだ。
鯉、番のかいつぶり、青鷺らに加え、最近、鴨が加わった。
まだ体の小さな小鴨である。
かいつぶりはとても臆病で、少しでも人間の気配がすると水面に潜って、なかなか姿を見せてくれないが、小鴨はわたしの姿が見えても平然と泳ぎ、体に似合わぬ大きな嘴で水草を啄ばんでいる。嘴の色は、オレンジがかった黄色で、さながら、小春日和のおひさまを思わせるのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ