« 金色の鯉が戻ってきた。 | トップページ | 11月の歌 »

2018年10月 7日 (日)

十月の歌

魚屋にならぶ金目鯛(きんめ)のすきとほるまなこの太し十月に入る/整子

金目鯛を煮たのが食べたいという連れ合いのために、魚屋に立ち寄った。魚だけを扱う、いわゆる魚屋さんがなんと少なくなったことか。以前はこの町にも魚屋さんが数件あったのに、スーパーが増えたせいか、こぞって店じまいをして、隣町まで出かけないと専門店がない。
アーケードの下、店先の氷が敷かれたショーケースに大きな金目鯛が二尾。大きなまなこを見開いて、秋空をにらんでいた。

|

« 金色の鯉が戻ってきた。 | トップページ | 11月の歌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。お元気そうで何より。

先日、例の秋祭りが行われ、T子ちゃん、今年もドレスアップして歌ってくれました。
セリフ入りの歌なんだけど、セリフ部分が広川訛りに聞こえるのは私だけでしょうか。
舞台に立って歌えるだけでも尊敬なんだけどね。

また集まろうね。

投稿: ぼん | 2018年10月18日 (木) 19時57分

ぼん、コメントをもらったことにすら気づいていなかった。
申し訳ない。

みんな元気そうでなにより。
今度の日曜日は、古墳まつり。
お天気がよさそうでお客様が多いことを祈るばかり。

投稿: seiko | 2018年11月 6日 (火) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十月の歌:

« 金色の鯉が戻ってきた。 | トップページ | 11月の歌 »