« 本明忌碑前祭と歌会 | トップページ | 晴耕雨読 »

2017年4月21日 (金)

NPO総会終了。そして解散式へ。

ボランティアのネットワークをつくろう。
それが11年前にNPO法人を立ち上げた動機でした。
当時、この町にはボランティア団体はあっても、連絡協議会もなく、行政におけるボランティアの窓口も定まっていない、行政職員もボランティア人材を安上がりの労働力としかとらえていない、そんな状況でした。行政があてにできないのなら、わたしたちがやってやろう。ボランティア人口が増えることで、高齢者の社会参加が促進され、ひいては市町村合併しなかった小さな町の活性化が図れるにちがいないと考えたからです。

わたしが早期退職する時期と美座時朗先生が中央公民館長を退く時期がいっしょになったことが追い風となりました。わたしが51歳、先生が75歳のときでした。ふたりとも若かった、余力もあった。だから法人格も取得できたと思います。立ち上げ当時のメンバーが13名。去っていった人は2名のみ。この10年で新規に仲間になってくださった方が5名。どの方も素晴らしい人材でした。
いい出会いでした。

5年前、町にボランティア活動センターが開所したことで、わたしたちNPOの当初の目的が果たせました。今後の活動をどうするのか。理事会では、さまざまな考え方が議論されましたが、美座先生がお元気なうちに幕引きすること、それを提案するのも立ち上げにかかわった主軸メンバーとしての役目かもしれないと考えました。

わたくしども、特定非営利活動法人ボランティアネットワークすくらむは、この夏、解散いたします。清算人を定め、これから解散の事務手続きに入ることが昨日の総会で決まりました。
初代理事長であった美座先生が、長い間支えてもらってありがたかったとおっしゃったこと。みんなに助けられたとおっしゃったこと。
5年前に仲間になられ、ボラセンの常駐スタッフとして活躍してくださった富永さんが、みんなに出会てよかったとおっしゃったこと。すくらむはひとつのファミリーのようだとおっしゃったこと。だから、ほんとうは、解散することがみんな、みんなさみしいのだとおっしゃったこと。
不覚にもなみだがでそうになりました。

最後の万歳のときに二代目理事長がおっしゃった「これがおわりではない。あらたなスタートと考えよう」のことばを胸に刻みました。
みなさん、ほんとうにお疲れ様でした。
そしてほんとうにありがとう。
そして、そして、ファミリーとして、
これからもずっとずっと、よろしくね。

|

« 本明忌碑前祭と歌会 | トップページ | 晴耕雨読 »

地域づくり」カテゴリの記事

コメント

長い間お疲れさまでした。

たくさんのお仲間に出会い、一緒に過ごされた時間は尊いものでしょう。大切になさってください。

時間が空いたら、今度は私たちと遊んでね。
と言いながら、私の方が忙しいかもわからんけど。
またバーベキューを計画してね。

4日はまたお世話になります。楽しみです。

投稿: ぼん | 2017年4月23日 (日) 22時06分

はい、こちらこそ、よろしくです。
四日の飲み会は、近場にいる同窓生が7、8人集まればいい、と思ってセッティングしたのですが、LINEでテキトーに流したら、17人も集まりました。
遠くは千葉から参加です。
うそやろ。と思ったけど、マイレージ使って飛行機を予約したのですがそうな。酔狂にもほどかある。笑
女子は9人。女子力があるのは半分いないなぁ。笑

投稿: せーこ | 2017年4月24日 (月) 19時19分

17人?

びっくりです。千葉から?どなたか見当もつきません。

楽しみ楽しみ。

投稿: ぼん | 2017年4月26日 (水) 09時39分

わたし自身がいちばん驚いています。
そもそも、近場の数人だと思って手配した焼き鳥屋さんは、小さくてどちらかと言えば小汚い。〈いや、お世話になってる焼き鳥屋さんのご主人、ごめんなさい〉
無理を言って開けてもらったので、ここでやります。
びっくりせんでね。笑

投稿: せーこ | 2017年4月26日 (水) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NPO総会終了。そして解散式へ。:

« 本明忌碑前祭と歌会 | トップページ | 晴耕雨読 »