« 屋久島の森に | トップページ | 遠足気分? »

2008年11月15日 (土)

まぼろしの邪馬台国

////////////////

はろばろとかつて訪ねし蜀の国四川盆地は地震(ない)に苦しむ

プレートの強きひづみに押しやられ蜀の山河は地獄となりぬ

訪ひし世界遺産の数々は瓦礫となりて映し出さるる

山迫る川岸の道を往くバスに手を振りしをり子等はいかにと

映像は崩るる山河難民をあまさず映し非情なるかな

曾遊の地名次々あらはるる画像を見つつ言葉失ふ

         以上  島原   宮崎 和子
            ・・・・やまなみ 2008年8月号より・・・・

//////////////////

10月から封切りになった吉永小百合さん主演の「まぼろしの邪馬台国」は、竹中直人さん演じる盲目の文学者「宮崎康平」を文字通り目となって支えた妻「和子」の献身的な姿を描いた作品だ。島原を愛してやまなかった宮崎康平は、魏志倭人伝にもとづき、8年ものあいだ、邪馬台国のありかを求めて歩き続ける。妻「和子」とともに。「和子」の幼少時代を演じた若い女優は、実在の「宮崎和子」さんのお孫さんであるらしい。

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/09/30/020/index.html

そして、この実在する宮崎和子さんは、島原在住のやまなみ歌人でもあられる。先般行われたやまなみ全国大会のおりに、和子さんからお手紙をいただいた。出席予定だった大会が、映画試写会初日と重なり、上京のためキャンセルしたいとの内容だった。お名前だけは以前から存じ上げているものの、まだお目にかかったことがない先輩歌人のおひとりである。

娘にモノをねだることの少ない母が、珍しくわたしにねだったのが、この映画を観に連れて行って、というものだった。さて。明日は母のお供で、映画にでも行ってまいりましょう。

|

« 屋久島の森に | トップページ | 遠足気分? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

せいこさん。このところ、かささぎブログが邪馬台国化、今日の文章をここにトラックバックさせてもらいました。ふしぎだねえ。

投稿: かささぎ | 2008年11月25日 (火) 20時15分

さっき、寄らせていただいた。
まあまあ。邪馬台国の話題で沸騰しとったね。
コメントば残してきたよ。
畿内説支持ってことで。笑

投稿: seiko | 2008年11月25日 (火) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まぼろしの邪馬台国:

» 顕つといふ字 [かささぎの旗]
引き揚げて経(へ)し歳月のいばら路(みち)絵巻のごとく顕(た)ち来(く)八月   [続きを読む]

受信: 2008年11月25日 (火) 20時12分

« 屋久島の森に | トップページ | 遠足気分? »