2016年8月29日 (月)

今夜はロコモコ。

Rokomoko


三日ほど前につくったガーリックバターを使ってしまおうと
ライスはガーリックバターライスにした。
自家製のドライバジル入り。
わかめスープつき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験生の自覚はあるらしい。

Img_2675

Img_2676




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

忌明け供養を終えて

本日、姑の忌明け供養を執り行い無事に納骨を済ませた。姑の孫子に加え姑の弟である叔父たちなど、親族郎党うちそろい34人が顔を合わせた。
台風10号の余波で雨催いの一日となったが、なんとか激しい雨にも合わず終えることができた。

会食の一品として、姑の得意料理だった「くちなしこおこわ」を初めてつくった。手ほどきを受けたことはなかったが、見様見真似でなんとかできるもんだね。
ちなみに、今日使ったくちなしは、実家の母からもらっていたもの。冷凍保存していたので、なんの問題もなく、美しい鮮やかな黄色いおこわが完成した。
北九州在住の姪っ子が「ばあちゃんがつくってくれる黄色いおこわが大好きだった」と懐かしがってくれた。

浄土で姑も褒めてくれたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

夏休みもいよいよ終盤

この表題の記事をわたしは毎年書いていると思う。
夏休みも残すところ十日を切った。
そーいちろーが通う小学校では昨日から算数強化授業がスタートして、5,6年生は実質、夏休みが終わったとも言えるなか、最終学年であるそーいちろー君はまだ夏休みの宿題が終了していない。

まあ、毎年のことなので、特段驚くことではないのだが・・・。

夏休みが始まったころ、彼は言った。
今年は早めに宿題を終えて、夏休みの最後は思い切り遊べるようにする、と。
気合いは入ってたんだけどね。
途中まで。

昨夜、遅くまで「自主学習」という名前の宿題(通称自学)をしていた。夏休みに出たドリル一冊と、彼が超苦手な漢字の書き取り20ページと、自由研究は終わっているが、6年生に課された「自主学習、ノートに30ページ」と自由工作が終わっていないらしい。今朝、彼の自学ノートを見たら11ページ目がようやく埋まっていた。
残り19ページ。
彼にもう遊んでいる時間はないな。
彼の肩を持つ気ではないが、最近、夏休みの宿題多く出すぎじゃない?と、バアは同情するばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

終戦記念日の法要

終戦記念日の昨日、わが家では姑の初命日の法要を執り行った。
菩提寺のご住職においでいただき、お勤めをしてもらい、その後、座敷でお盆の会食を兼ねての食事会。
夏野菜のサラダ、さわとそーいちろー手作りのピザ、じゃが芋のがめ煮、獅子肉でこさえたローストビーフが、寿司の盛り合わせと皿盛が並ぶ食卓を彩ってくれた。

北九州の義弟一家5人、わたしの実弟一家4人を含め、総勢17人。
その後、諫早からオットの従妹一家5人、筑紫野在住の伯母が家族4人を伴って来宅、夕方には、叔父が孫全員を引き連れ、総勢12人でお参りをしてくれた。
初盆でもないのに、今日の来訪者31人なり。
ありがたいことである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

申年の梅干し

少し遅れたが、土用干しして仕上げた今年のわが家の梅干し。

Img_2666


おつまみ用の干し梅にもトライした。

Img_2670

紫蘇で色を付けない梅そのものの色。
かりかりに干しあげてコンビニ仕様の干し梅にしたい。

Img_2671


色を付けたものとの違いも楽しい。

ちなみに梅を干した笊は、
実家の母が長年愛用していたもの。
形見分けにわけてもらった。
せつこさんの笊はとてもつかいがってがよいのだ。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

原爆忌によせての私見

昨日は長崎に原爆が投下された日。
地域の小学校のほとんどが出校日で、平和授業が行われた。

原爆が二か所に投下され、その甚大な被害によって、戦争が終結したわけだが、原子爆弾が投下されなかったら延々と戦争が続いたかもしれない説について、次女が興味深い私見を聞かせてくれたので記録する。

アメリカが投下した原爆によって戦争が終結したことを評価する話があるけど、あれは、投下した国が責任を少しでも回避したいがための理論にすぎないと思うんよ。
ただ、戦争を終結させてくれたのがアメリカだったことは不幸中の幸いかもしれない。
だって、もし原爆を投下させたのが中国だったりロシアだったりしたら、敗戦後の日本の復興はこれほど迅速ではなかったと思うし、表現の自由も報道の自由も、女性の価値も、いまとはまったく違った国になってたんじゃないかな。
まず、日本に民主主義思想は生まれなかったでしょうね。
日本が第二の北朝鮮になってたかもしれない。
そう思ったら、原爆投下は許せないけど、相手がアメリカでよかったわって思っちゃうのよね。

以上。原爆忌に寄せて、32歳の私見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

またまたにぎやかになるわがや。

中体連を終えた中学三年生は高校入試にむけて、受験勉強まっしぐら・・・・のはずだが、うちの受験生はなかなかスロースターターらしく、毎日ひまそうに小学生の弟の相手をしている。

たまに、なんかすることない?手伝うよと聞いてくる。
そんなに時間があるんなら英単語でも覚えたら、と言いたいのをぐっとこらえて、やりすごしていたが、明日から受験生の役目が増えそうだ。

明朝の、姑のみなのかの法要を終えたら、広島へ出かけることになった。メイとサクタローとその母親のお迎えに。
5人で行って、一泊して8人でかえってくる予定だ。
あさってから、10人家族となるわが家。
受験生さわちんには、ぜひ、年中児ふたり組のお世話を請け負っていただこう。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

夏盛る

Img_2598


Img_2597


Img_2595


夏盛る。

終戦記念日のある月。
原爆忌の月。

反戦の歌を詠まねばと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

暑中見舞い。

今日から八月。
今日は、わたしたちが「町の共有財産」と呼ぶみざてぃの85回目の誕生日である。

いつだったか。
「ボクは南の島育ちだから暑さには強かったはずなんだが、最近、この暑さが身に堪えるんだよ」と弱音を吐いていた。

これから暑中見舞いに出かけよう。
宮崎産ではないが、彼にとっては懐かしいはずのマンゴーを携えて。
決して若くはない、共有財産の管理のために。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«初七日の花